目次
おすすめベッティングサイト
Pinnacle
Pinnacle
業界屈指の 高オッズ ベット上限なし
Pinnacle Review
今すぐベット
BC.Game
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game Review
今すぐベット
crypto leo logo
CryptoLeo
最大3,000USDTまで 150%ボーナス
CryptoLeo Review
今すぐベット
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake Review
今すぐベット
Jackbit
50フリースピン コード: WELCOME
Jackbit Review
今すぐベット

ブックメーカーの入金方法には様々な方法があります。それぞれの入金方法に各ブックメーカーごとに特徴があります。手数料や入金反映時間の違いなど様々。いきなりブックメーカーに入金しようと思っても、どの入金方法が自分にとって便利なのかわからないですよね。

そこで今回はおすすめのブックメーカーの入金方法を紹介していきます。それぞれのブックメーカーの入金方法にどのような特徴があるのかも紹介していくのでぜひチェックしてみてください。初心者にもわかりやすいように紹介していくので自分に合ったブックメーカーの入金方法を見つけてみましょう。

RANK
OPERATOR
BONUS
INFO
ACTION
1
pinnacle-logo
業界屈指の高オッズ
ベット上限なし
業界最高クラスの高オッズ
24時間日本語対応
やや上級者向け  
2
bcgame-300x100-1
10,000 USD 
まで 
270%ボーナス
豪華ウェルカムボーナス
多様な仮想通貨に対応
オッズブースト有
3
cryptoleo-logo
最大3,000USDTまで150%ボーナス
+ 最大1BTC分のスピン
利用できる仮想通貨が豊富
迅速な入金・出金対応 (約1時間)
デイリーキャッシュバック有り
4
Stake_logo
2500円入金不要ボーナス 
200%初回入金ボーナス
入金不要ボーナス有り 
eスポーツベットが充実
日本語カスタマーサポート完備
5
jackbit
100フリースピン
コード:WELCOME
スポーツボーナスが充実
利用できる仮想通貨が豊富
6000種類以上のカジノゲーム

ブックメーカーの入金方法

まずは簡単にブックメーカーの入金方法にはどんなものがあるのか見ていきましょう。今回紹介していくのは日本人ユーザーが主に使用している入金方法となります。

ブックメーカーによって使用できる仮想通貨の銘柄が異なったり、ここで紹介している入金方法以外を採用しているブックメーカーもあります。ブックメーカーによって入金方法が異なるので必ずチェックするようにしましょう。

銀行振り込み

銀行から直接ブックメーカーに入金する方法。もしブックメーカーにpaypayを使用したいという場合はpaypay銀行を使って銀行振り込みを行う必要があります。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーで銀行振り込みに対応しているのは以下のブックメーカー。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカード・デビットカードもブックメーカーの入金方法の1つとして使用することができます。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでクレジットカード・デビットカードに対応しているのは以下のブックメーカー。

仮想通貨

ビットコイン カジノ
©Shutterstock

仮想通貨はブックメーカーの入金方法として数多くのブックメーカーが採用していますが、ブックメーカーによって使用できる銘柄が異なるので必ずチェックするようにしましょう。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーで仮想通貨に対応しているのは以下のブックメーカー。

Payz(旧ecoPayz)

ブックメーカーの入金方法といえばPayzを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。Payzは個人間だけでなく企業間でも使用されるほど世界的な決済サービスですね。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでPayzに対応しているのは以下のブックメーカー。

MuchBetter

実は多くのブックメーカーの入金方法として採用されているのがMuchBetter。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでMuchBetterに対応しているのは以下のブックメーカー。

STICPAY

STICPAYはビットコインにも対応しており、ビットコインの使用できるブックメーカーであれば仮想通貨として入金も可能な方法です。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでSTICPAYに対応しているのは以下のブックメーカー。

ベガウォレット

ベガウォレットはオンラインカジノやブックメーカーの入出金額に応じてポイントを獲得ができ、それを現金化するサービスを行っています。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでベガウォレットに対応しているのは以下のブックメーカー。

i wallet

EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでi walletに対応しているブックメーカーはありません。しかし、日本語に完全対応しており、徐々にブックメーカーの決済方法として採用され始めています。

もしかすると今後、EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでもi walletに対応してくれるかもしれませんね。

タイガーペイ

EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでタイガーペイに対応しているブックメーカーはありません。2021年からスタートした比較的新しいウォレット。イギリスの企業が運営していますが、日本企業も運営にかかわっており、日本人ユーザー向けのサービスにもなっています。

Stakeやkonibet、BONS Casinoではすでにタイガーベットによる入金方法が採用されています。今後、EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでもタイガーペイが採用されることを期待して待ちましょう。

Jeton

Jetonは入出金額に応じたキャッシュバック制度が採用されているサービスがあるブックメーカーの入金方法です。EsportsBet.comがおすすめするブックメーカーでJetonに対応しているのは以下のブックメーカー。

LoL eスポーツベット
@Riot Games

ブックメーカーの各入金方法の注意点

ここからはブックメーカーの各入金方法の注意点を紹介。

銀行振り込みの注意点:本人名義の口座のみ利用可能

ブックメーカーの入金方法として銀行振り込みを使う場合は本人名義の口座のみが利用可能となります。つまり、ブックメーカー側からの本人確認も行う必要があります。また、手動振り込みの場合は振込名義人を入力する際に「振込ID」または「振込コード」と呼ばれる英数字を入力する必要があるケースがあるので必ず確認しましょう。

クレジット・デビットカードの注意点:日本で発行されたカードはほとんど使えない

クレジットカード・デビットカードではJCBが利用できないケースが多々あります。日本で発行されたカードのほとんどがギャンブル関係の送金を禁止しているため、もしクレジットカード・デビットカードで入金がd系ないという場合はクレジットカード・デビットカードの種類を確認してみてください。

仮想通貨の注意点:価格変動が激しい

仮想通貨をブックメーカーの入金方法として利用する場合の注意点は価格変動が激しいという点です。使用している銘柄でせっかく勝ったのに換金するころには価格変動によって勝利金がチャラになってしまったなんてこともあります。さらに使用したい銘柄がブックメーカーが対応しているかどうかという点もチェックするようにしましょう。

Payzの注意点:本人確認が厳しい

Payzをブックメーカーの入金方法として利用する場合の注意点は本人確認が厳しいという点です。身分証明・住所証明だけでなく、写真も必要となります。ただし、本人確認が完了すれば多くのブックメーカーに対応しており、日本円・仮想通貨での入金が可能、手数料が安価というメリットが豊富なおすすめの入金方法となっています。

eスポーツ ベッティング コールオブデューティー
©EsportsBets,com

MuchBetterの注意点:手数料が高い

MuchBetterの注意点は出金の手数料が高い点。しかし、口座開設時の手数料や開設後の維持費は無料といったメリットも存在します。そのほかにもPayzよりも本人確認が簡単で利用を始めやすいという点においてもおすすめの入金方法となっています。

STICPAYの注意点:手数料が高い

STICPAYはMuchBetterと同じく口座開設時の手数料や開設後の維持費は無料ですが、銀行出金や仮想通貨入金の手数料が高いという注意点があります。ただし、本人確認が簡単という点や日本語でのサポートが充実しているという日本人にはうれしいサポートがたくさんあります。

ベガウォレットの注意点:銀行送金があれば必要なし

ベガウォレットは電子決済サービスですが、最終的には銀行振り込みを経由して入金が行われます。そのため銀行振り込みが利用可能なブックメーカーでベガウォレットを使用すると余計な手数料を支払うことになります。そのため、銀行送金に対応しているブックメーカーであればベガウォレットを使用する必要はありません。

i walletの注意点:手数料が高い

i walletの注意点も手数料が高いという点です。さらに通貨によって使用できる機能が異なったり、180日以上の利用履歴がなければ口座維持費が請求されるなどのデメリットもあります。そのため、ブックメーカーの入金方法としてユーザーがi walletをメインに使用している場合は少なくなっています。

タイガーペイの注意点:手数料の種類が多い

タイガーペイの注意点は手数料の種類が多いという点です。タイガーペイの手数料は発行手数料・月額手数料・ATM引き出し手数料・チャージ手数料・休止カード手数料がかかります。ブックメーカーの入金方法でほかの入金方法が使用できる場合は将来的にどれくらいの手数料を支払う必要があるのかを確認してから入金方法を選択するようにしましょう。

Jetonの注意点:日本語対応が不完全

Jetonの注意点は日本語対応が不完全という点です。サイトのページに関してもどこかぎこちない訳し方となっています。まだ日本向けのサービスを開始して間もないからということもあるので、今後の日本語サービスの充実に期待がかかる入金方法でもあります。

Dota2 eスポーツベット
©EsportsBets,com

各入金方法の反映時間

ブックメーカーの入金方法の反映時間はブックメーカーによって異なりますが、ここでは大まかな反映時間を紹介します。

入金方法 入金反映時間
銀行振り込み 1~2営業日
クレジットカード・デビットカード 即時反映
仮想通貨 即時~1時間程度
Payz 即時~1時間程度
MuchBetter 即時~1時間程度
STICPAY 即時
ベガウォレット 15~20分程度
i wallet 即時~1時間程度
タイガーペイ 即時
Jeton 即時~1時間程度

まとめ

今回はおすすめのブックメーカーの入金方法を10個紹介してきました。多くの入金方法を知っておけば、ブックメーカーで対応している入金方法の選択肢が広がるので安心です。10個の入金方法を紹介してきましたが、手数料などの観点から見ると電子決済サービスではPayzが1番おすすめですね。

いくつか使用できる入金方法がある場合は必ず手数料や入金反映時間などをチェックして、自分にとって一番使いやすいブックメーカーの入金方法を選択できるようにしましょう。そうすればお得にeスポーツブックメーカーで遊ぶことができるはずです。