LoLの用語?いまさら聞けない基本用語を一気に解説!

おすすめベッティングサイト
BC.Game
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game Review
gamdom logo
Gamdom
最大60% レーキバック
Gamdom Review
jackbit logo
Jackbit
50フリースピン コード: WELCOME
Jackbit Review
ggbet logo
GG.Bet
30,000円まで 100%ボーナス
GG.Bet Review
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake Review

Published: 5月 24, 2024

現在世界中で絶大な人気を誇るLeague of Legends(LoL)。国内でも有名ストリーマーによる配信や国内リーグであるLJLなど注目度がどんどん高まってきています。また、年に2回行われるLoLの世界大会であるMSIやLoL Worldsはeスポーツ界でも最も名誉ある大会とも呼ばれており、LoLの人気度の高さが伺えます。

そんなLoLですが、ゲーム内では様々な専門用語が使われています。そのため実際にプレイしたり観戦するにあたっては、LoLの言葉の意味がわからずに困ってしまうこともあるかと思います。特に5vs5のチーム戦で行うゲームですので、味方プレイヤーとのコミュニケーションのためにも基本的なLoLの単語は知っておくといいでしょう。

ということで今回は、LoLで使われる基本的な用語を一挙紹介いたします。

League of Legends(LoL)とは

LoL用語
©League of Legends@LeagueOfLegends

League of Legends(LoL)はアメリカのRiot Gamesが開発したマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナゲーム(MOBA)です。世界中に熱狂的なファンが多くいるこのゲームは、PCゲームの中でもプレイヤー数が最多のeスポーツとされています。

League of Legends(LoL)の対戦は5対5のチームバトルで、各プレイヤーはチャンピオンと呼ばれるキャラクターを選択し、互いの陣地にあるネクサスの破壊を目指します。チャンピオンの種類は160以上にものぼり、それぞれのチャンピオンには特殊なスキルや能力が備わっています。バトル中には特別なアイテムを使用したり、様々な戦略を立てて相手のネクサスに迫っていくなど、とても戦略性の高いゲームであることが魅力の1つでしょう。

また、League of Legends(LoL)はeスポーツとしても注目されており、毎年末に行われる世界大会であるLoL Worldsはeスポーツ界で最も名誉ある大会と言われています。さらにベッティングもとても人気で、様々なブックメーカーでLoLの賭けを楽しむことができます。

Aから始まる用語

Assassin(アサシン):チャンピオンの特性を表しており、優先順位の高いターゲットを素早く排除することに特化している。ステルス性能と素早い動きが特徴。

AA (Auto Attack):攻撃のうちオートアタックのこと。

AD (Attack Damage)/AP (Ability Power):通常攻撃やスキルのステータス。

AoE (Area of Effect):攻撃のうち範囲攻撃のこと。

AFK (Away From Keyboard):プレイヤーが離席しているなどの理由で動かないこと。

AH:スキルのクールダウンを短くすること。

AR(Armor):物理防御力。

ALL-IN(オールイン):チャンピオンがすべてのスキルなどの攻撃手段を使って攻撃すること。

AS (Attack speed):攻撃速度。

ASAP:ゲーム内のチャットなどで使用されるもので、’できるだけ早く’という意味。

Bから始まる用語

LoL用語 2
©League of Legends@LeagueOfLegends

Baron(バロン):フィールドにいる中立的なモンスターのことで、倒すことで一定時間味方が強化されたりゴールドや経験値を手に入れることができる。

Blink:チャンピオンの移動スキルのことで、瞬間移動するもの

Bot/ADC:マークスマンと呼ばれ、低いヘルスで高い物理ダメージを与える。マップの一番下のレーンでプレイする。

BO3:ベスト・オブ・3のことで2本先取の意味。

Bot:LoLのフィールド内の下側のレーン。

Bruiser(ブルーザー):場を掻き乱す事に長けたチャンピオンで、Dr.MundoやSingedなどがいる。

Build(ビルド):LoLで対戦するにあたって組み立てている戦術のこと。チャンピオンの選択やアイテム構築、立ち回りなどを考慮してベストな戦略を建てていく。

Brush(Bush):マップ内の草むらのことで、ここにいるときはスキルなどを除いて敵からは見えない。

Cから始まる用語

Camp:特定の場所に留まることで、主に1人の敵に対して徹底的に邪魔をすること。

Carry:チャンピオンの種類のことで、ダメージを出すのが得意。

Cool Down:スキルやアイテムを使用した後に再び使用できるようになるまでの時間のこと。

Champion(チャンピオン):LoLで使用するキャラクターのことで160種類以上のチャンピオンがいる。

CounterPick(カウンターピック):相手の選んだチャンピオンと相性が良い、強いチャンピオンを選ぶこと。

Dから始まる用語

LoL用語 3
©League of Legends@LeagueOfLegends

Dash:ゲーム内でチャンピオンが通常移動するスキルのこと。

DC(Disconnect):LoLプレイ中にゲームへの接続が切れてしまった状態のこと。

Debuff(デバフ):ステータスが低下してしまうような効果のこと。

Disable:デバフのうち、相手チャンピオンの行動を阻害するようなもののこと。StunやSlowなどがある。

DoT(Damage over Time):チャンピオンスキルの1つで、一定時間までダメージを与え続けること。

Dragon・Drake(ドラゴン): LoLのマップ上に存在する中立のドラゴンのこと。倒すことで味方に経験値やバフ効果を得られる。

Dunk:チャンピオンスキルの1つで、相手のチャンピオンにめがけて勢いよく攻撃を与える。

Eから始まる用語

Experience(経験値):経験値のことでチャンピオンのレベルアップに必要なもの。

Fから始まる用語

Farm(ファー):相手チャンピオンと戦うのではなく、経験値やGoldを稼ぐことにフォーカスすること。

FB(First Blood):LoLではゲーム中の最初のキルのことをFBという。FBでは通常より多くのゴールドを得ることができる。

Fountain:LoLではチャンピオンがRecallしたり、戦いに負けて生き返った時に戻ってくる場所のことを指す。

Gから始まる用語

LoL用語 5
©LoL Esports@lolesports

Gank(Gang kill):奇襲などで相手の一人のチャンピオンを攻撃すること。

GG:Good Gameのことで、ナイスゲームということ。

Hから始まる用語

Hook(ホック):チャンピオンのスキルの1つで、このスキルがあたった相手チャンピオンを自分の方に引き寄せるスキルのこと。

HP(Health Point):チャンピオンの体力。

Jから始まる用語

Jungle(ジャングル):マップ上に存在する森のこと。

Jungler(ジャングラー):LoLのチームビルディングにおける役割の1つ。ジャングル内のモンスターなどでレベルを上げる役割や、レーンの補助、ドラゴンの管理などの役割を担う。

Kから始まる用語

KDA:Kill(キル)/Death(デス)/Assist(アシスト)のステータスを表すもの。

KS(Kill Steal):味方が敵チャンピオンを倒しかけているところにとどめをさして、キルを奪うこと。

Lから始まる用語

LoL用語 eスポーツ
©LoL Esports@lolesports

LCK(League of Legends Champions Korea):LoLの韓国国内リーグのこと。春と夏に年2回行われるレギュラーシーズンは全10チームにより争われる。2023年末に開催されたLoLで最も名誉ある大会であるLoL WorldsではLCKのT1が見事優勝した。

LCS:League of Legends Championship Seriesのことで、北米のNA LCSとヨーロッパのEU LCSに分けられる。

LJL:League of Legends Japan Leagueのことで日本で開催されているLoLの国内リーグ。2014年に始まってから今年で11年目を迎える歴史あるリーグで、春と夏の2つのシーズンで構成されている。今年から参加チームは6チームとなりハイレベルな戦いが繰り広げられている。

LMS(League of Legends Master Series):台湾・香港・マカオで行われるLoLのリーグ。

LPL(Tencent League of Legends Pro League):中国のLoLプロリーグ。数多くの名選手を輩出している強豪リーグで、世界大会でも素晴らしい成績を収めている。

Life Steal:LoLのチャンピオンスキルの一種で、与えたダメージの一部を吸収するもの。

Mから始まる用語

Melee:通常攻撃が近接攻撃であるチャンピオン。

Mid:Middle LaneのことでLoLのマップ上の真ん中で一番短いレーンのこと。

Minion(ミニオン):各レーンに出現しているキャラクターで、このミニオンを倒すことでゴールドや経験値を稼ぐことができる。

Nから始まる用語

Nerf(ナーフ):アップデートなどによってチャンピオンが弱体化されること。

Pから始まる用語

Pick(ピック):試合前に使用するチャンピオンを選択すること。

Qから始まる用語

QWER:キーボードに割り当てられたスキルのショートカットで、チャンピオンスキルを順に示している。

Sから始まる用語

LoL用語 4
©League of Legends@LeagueOfLegends

Stealth(ステルス):ゲーム中のチャンピオンの状態のことで、透明状態のこと。

Support(サポート):ヒーリングやバフなどによりサポートするチャンピオン。タリックやレオナなどがあたる。

Tから始まる用語

Top/Tank:トップやタンクは大ダメージを与える役割を持っており、ファイトの開始やスペースの確保、Bot/ADCのような弱い敵のターゲットの中心になる。

Uから始まる用語

Ult(ウルト):Ultimate skill(アルティメットスキル)のことでチャンピオンのスペシャルスキル。

LoLで使われる日本語の用語

サイドブッシュ:マップ中央のレーンのサイドにある草むらのこと。

タワーダイブ:敵チームのタワーを通り越して敵のチャンピオンへ攻撃を仕掛けること。

デスタイマー:チャンピオンが死亡してから次に復活するまでの時間。

リフトヘラルド (ヘラルド):バロン付近に出現する中立的なモンスターのこと。

スタン:スキルなどにより敵を行動不能やスキルを使用不能にすること。

スティール:バロンやドラゴンといった中立モンスターの争奪において、最後の一撃を与えて敵チームから奪うこと。

League of Legends(LoL)の用語まとめ

今回はLeague of Legends(LoL)で使われる基本的なLoL用語を一覧にしてご紹介しました。League of Legends(LoL)は世界で最もプレイされているeスポーツとされており、日本でも有名ストリーマーの配信や国内リーグであるLJLなども注目度が高く、とても人気が高いeスポーツです。

また近年はeスポーツベッティングの人気も高まっており、LoLの世界大会であるLoL MSIの賭けの賭けもとても人気です。今回紹介したLoLの専門用語がわかるようになれば、LoLをプレイしたり大会を観戦することも数倍楽しむことができるでしょう。

丸太

Since: 2月 6, 2023

地中海在住の引きこもりeスポーツエディター

See all articles from this author