ペイズベッティングサイト2024:ペイズの魅力を一挙紹介!

目次
おすすめベッティングサイト
BC.Game
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game Review
Jackbit
50フリースピン コード: WELCOME
Jackbit Review
GG.Bet
30,000円まで 100%ボーナス
GG.Bet Review
gamdom logo
Gamdom
最大60% レーキバック
Gamdom Review
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake Review

Payz(旧エコペイズ)は、多くのオンラインベッティングサイトで利用されているとても人気の高い電子ウォレットです。ペイズを使うことでeスポーツベッティングやスポーツベッティング、オンラインカジノなどさまざまなオンラインゲームへの入出金をスムーズに行うことができます。さらにペイズを支払い方法として利用することで、多くのベッティングサイトで安全に入金や出金を行うことができるのです。

RANK
OPERATOR
BONUS
INFO
ACTION
1
bcgame-300x100-1
10,000 USD 
まで 
270%ボーナス
豪華ウェルカムボーナス
多様な仮想通貨に対応
オッズブースト有
2
jackbit
100フリースピン
コード:WELCOME
スポーツボーナスが充実
利用できる仮想通貨が豊富
6000種類以上のカジノゲーム
3
ggbet-esports
30,000円まで
100%ボーナス
人気eスポーツタイトル網羅
ボーナスが豊富
eスポーツ特設ページ有
4
gamdom-logo
最大60%
レーキバック
還元型プロモーション
オリジナルゲーム有り
仮想通貨が購入可能
5
Stake_logo
2500円入金不要ボーナス 
200%初回入金ボーナス
入金不要ボーナス有り 
eスポーツベットが充実
日本語カスタマーサポート完備

ということで今回はスポーツ・eスポーツベッティングサイトでPayzを利用する方法について詳しくご紹介します。また、ペイズを使うことによるメリットやデメリットについても解説していきます。

ペイズを使ったオンラインブックメーカーの入金・出金の際にはどのようにするのか?またこの支払い方法の利点や欠点とは?この記事を読めば誰でもすぐにペイズを使ったオンラインゲームを楽しむことができるでしょう!

ペイズ
© 2000-2024, Payz. All rights reserved.

オンラインベッティングサイトでペイズを使う方法

こちらではペイズの使い方をご紹介します。以下の手順通りに行えば誰でも簡単に始められます。

  1.  まずはPayzアカウントを作成し、お好きなオンラインベッティングサイトに登録します。
  2.  次にペイズのアカウントにご自身の資金を入金します。
  3. オンラインベッティングサイトにアクセスし、ご自身のアカウントにログインしましょう。
  4. ベッティングサイトの「入金」のページに移動し、支払い方法としてペイズを選択します。
  5. ペイズのアカウントから入金する金額を入力します。
  6. 最後にユーザー名とパスワードを入力し、「次へ」または「送信」ボタンを押します。
  7. これで完了です。あなたのペイズアカウントからンラインベッティングを開始することができます。
ペイズ
© 2000-2024, Payz. All rights reserved.

オンラインブックメーカーでペイズを使うメリットは?

ペイズは多くのスポーツやeスポーツベッティングプラットフォームで採用されている人気の決済方法です。最近では多くのゲーマーがペイズを利用するようになってきています。

こちらでは、そんなペイズがスポーツやeスポーツベッティングに適している理由について紹介します:

迅速な決済

Payzは、間違いなく最も迅速な支払い方法の1つです。Payzを使用することでほぼ即座にベッティングサイトで入金することができるだけでなく、出金についても非常に素早く行うことができます。またPayzでは通常の引き出しは48時間以内に処理されます。一般的な銀行振込支払いを利用する場合は数営業日かかるため、ペイズではそれよりもはるかに素早く出金できるということです。

安全性

ペイズでは最新技術のセーフガードと呼ばれるセキュリティシステムを使用しています。これによりあなたの入出金が安全であることが保証されます。さらに、ベッティング資金を通常のカードや銀行口座とは別に保持できるという点も魅力的です。

限度額

Payzを利用した多くのスポーツベッティングサイトでは、入金や出金額に制限がありません。またペイズの場合は最低入金額が非常に低いので、ご自身の要件に合わせて選択できます。

グローバル性

Payzを使用すると、50種類以上の通貨でオンライン決済を行うことができるようになります。そのためペイズを利用することで、遊べるベッティングサイトの範囲が大幅に広がるでしょう。ただし、お住まいの地域で合法に楽しむことができるベッティングサイトであるかをしっかりと確認してからプレイするように注意しましょう。

利便性

ペイズは利便性にも優れています。ペイズを利用すればほんの数分で入金を行うことができます。そのため、ペイズが使えるブックメーカーではとても気軽にプレイすることができるのです。また、ペイズでは長い手続きや個人情報なども入力する必要がないので、煩わしいことなく支払いを承認するだけで決済ができてしまいます。さらにPayzアプリを使用すると、ベッティングの入金や出金をさらに効率的に管理できます。

ペイズ
© 2000-2024, Payz. All rights reserved.

オンラインブックメーカーでペイズを使うデメリットは?

ここまではペイズのメリットを紹介してきました。では、これほどPayzが優れているのであれば、なぜ全てのプレイヤーがこの電子ウォレットを使用していないのでしょうか?
次はペイズを使用する際のデメリットを紹介します。

使用できるブックメーカーが限られている

Payzを利用できるベッティングサイトは増えてきていますが、Mastercardのようにどんなブックメーカーでも広く利用できるわけではありません。そのため、Payzを使用することによって、利用できるeスポーツブックメーカーの試合や種類が制限される可能性があります。

ボーナスを受け取れない場合がある

多くのオンラインブックメーカーでは魅力的なボーナスが用意されていますが、サイトによってはペイズのような電子ウォレットで入金すると、ベッティングボーナスを受け取ることができない場合があることを覚えておくことが重要です。そのため、Payzでの入金の際にはボーナスの条件を満たすかどうかをプレイする前に確認することをおすすめします。

Payz(旧エコペイズ)とは?

Payz(旧エコペイズ)とは、オンラインで決済を行うための電子ウォレットです。Payz(旧エコペイズ)は元々エコペイズとして運営されてきましたが、2023年3月のブログ投稿で自社の名前をPayz(旧エコペイズ)からPayzに変更することを発表しました。

ペイズの仕組みはとてもシンプルです。Payzでアカウントを取得した後、そのアカウントに銀行振込やクレジットカード、デビットカードなどから入金をするだけと、とても簡単なのです。入金されたご自身のPayzアカウントからベッティングサイトへ直接支払いを行うことができます。

ペイズは、数多くのスポーツやeスポーツのベッティングに使用することができます。そして、ベッティングで勝利を収めた場合には配当がPayzアカウントに入ります。ペイズアカウントからの引き出しももちろん簡単です。迅速に通常の銀行口座にお金を戻すことができます。

ペイズについてのまとめ

今回は人気上昇中のオンライン決済システムであるペイズについて詳しく解説してきました。ペイズは数多くのスポーツ・e スポーツベッティングサイトで利用できる決済システムとして近年注目を集めています。また、ペイズは利用方法もとても簡単で安全かつ最速で決済が可能な支払い方法です。加えて、グローバル性にも非常に富んでいるので世界中のオンラインブックメーカーで遊ぶことができるでしょう!

もちろん、Payzを利用できるeスポーツベッティングサイトはまだ多くはありません。しかし、総合的に見ると、ペイズは素晴らしい決済方法の1つなのでぜひ利用してみてください。

RANK
OPERATOR
BONUS
INFO
ACTION
1
bcgame-300x100-1
10,000 USD 
まで 
270%ボーナス
豪華ウェルカムボーナス
多様な仮想通貨に対応
オッズブースト有
2
jackbit
100フリースピン
コード:WELCOME
スポーツボーナスが充実
利用できる仮想通貨が豊富
6000種類以上のカジノゲーム
3
ggbet-esports
30,000円まで
100%ボーナス
人気eスポーツタイトル網羅
ボーナスが豊富
eスポーツ特設ページ有
4
gamdom-logo
最大60%
レーキバック
還元型プロモーション
オリジナルゲーム有り
仮想通貨が購入可能
5
Stake_logo
2500円入金不要ボーナス 
200%初回入金ボーナス
入金不要ボーナス有り 
eスポーツベットが充実
日本語カスタマーサポート完備
丸太

Since: 2月 6, 2023

See all articles from this author