Dota 2で賭けができるおすすめベッディングサイト

おすすめベッティングサイト
BC.Game
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game Review
gamdom logo
Gamdom
最大60% レーキバック
Gamdom Review
jackbit logo
Jackbit
50フリースピン コード: WELCOME
Jackbit Review
ggbet logo
GG.Bet
30,000円まで 100%ボーナス
GG.Bet Review
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake Review

Published: 1月 10, 2024

バルブ・コーポレーション開発のDota 2は、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)というジャンルで非常に人気なビデオゲームで、Dota 2ベッティングもまた同じくらい人気です!
ここではDota 2ベッディングを始めるにあたって、必要な全ての情報をご紹介します。

RANK
OPERATOR
BONUS
INFO
ACTION
1
bcgame-300x100-1
10,000 USD 
まで 
270%ボーナス
豪華ウェルカムボーナス
多様な仮想通貨に対応
オッズブースト有
2
gamdom-logo
最大60%
レーキバック
還元型プロモーション
オリジナルゲーム有り
仮想通貨が購入可能
3
jackbit
100フリースピン
コード:WELCOME
スポーツボーナスが充実
利用できる仮想通貨が豊富
6000種類以上のカジノゲーム
4
ggbet-esports
10,000円まで
350%ボーナス
人気eスポーツタイトル網羅
ボーナスが豊富
eスポーツ特設ページ有
5
Stake_logo
2500円入金不要ボーナス 
200%初回入金ボーナス
入金不要ボーナス有り 
eスポーツベットが充実
日本語カスタマーサポート完備

Dota 賭け
Image Credits | Valve

リアルマネー、もしくはプレイマネーでDota 2のベットをする

Doda 2で最も興味深いことの一つは、オーディエンスが試合結果に賭ける方法でしょう。
Dota 2で賭けるには、 Dota 2ベッティングサイト、またDotaベッティングマーケット、取引所の3つの方法があります。:

おすすめのサイトでDotaのリアルマネーベット

eスポーツ以外のギャンブルに詳しい多くの読者は、最初の2つはおなじみでしょう。プレーマネーとリアルマネーのギャンブルは大抵同じサイトから提供されます。プレーマネーはオンラインギャンブルが違法である場合の代用であり、練習用、あるいは賭けの考え方に慣れるためのツールでもあります。

人々が行うベットの種類は、特定のゲームで誰が勝つか、トーナメントの勝者に対する将来の賭け、トーナメントでどこまで勝ち進めるかなどがあります。esportギャンブルを提供するサイトには、ピナクルスポーツやBet365も含まれています。 Dota 2にとって理想的なベッディングサイトのBetwayのeスポーツベット部門は数多くのDota 2マーケットを含むeスポーツゲームのベッティングを提供しています。

Dota 2のゲーム内コンテンツを使った賭け

Dota 2での賭け方は、注目試合の結果をゲーム内コンテンツで賭けられるという点でギャンブルの規範から逸れています。 バルブのSteamクライアント(実際にはギャンブルとは関係ないが、第三者がSteamを利用できるようにするものです。)を使用しているプレイヤーはdota2lounge.comへアクセスし、彼らが所有するゲーム内コンテンツを交換、もしくは賭けることができます。これらのゲーム内アイテムは、現実の金銭価値があり、Dota 2が金銭的に持続可能になるための手段がこのセールスです。

それらのアイテムは全てレアリティで分類されます。ベッターはそれぞれのベットのDota 2オッズ、いくつ特定のレアリティアイテムをかけなければならないのか、賭けに勝った場合に戻ってくるアイテムを見ます。プレイヤーは賭けるアイテムを選び、それらをトレード機能を持ったSteamのプラットフォームを使って、サイトに運営されている取引口座に送ります。そして彼らは適切な報酬と試合が終了した時に賭け金となるアイテムを受け取ります。(もしくは負けて何も得られない。)いくつかのレアアイテムの中には数百ドル、数千ドルで売れるものもあります。

しかし、Dota 2を実際にプレイしたことがない人に起こりうる問題は、リアルマネーで他の人にアイテムを売るための信用できる場所を探すのが少し難しいことです。アイテムはSteamマーケットプレイスのSteamアカウントで売ることができますが、そのお金はSteamサービス自体にしか使えません。

dota2shop.netはアイテムを売る機会をギャンブラーに提供するサイトですが、そのサイトが本当に信頼できるとは言い難いでしょう。いくつかのdotamarket.comのような素朴なサイトは、売買オファー、そして買い手、売り手の評判のディスカッションを追跡するためのフォーラムを持っていますが、そのサイトは取引が安全であると保証していません。注目に値しますが、Steamが多数のゲーム内消費アイテムのオープンフリーマーケットを運営し、賭けた後に得られる多くのレアアイテムをリアルマネーで買えます。

Dota 賭け
Image Credits | Valve

特別なDota 2 ベッティングマーケット

Dota 2ベッティングの面白さはギャンブラーがベットを試合前、そしてライブ・ベッティングもしくはインプレイ・ベッティングと呼ばれる試合が始まった後のベッティングをできることにあります。

Dota 2のライブスコアはゲームのベッティングで必要不可欠な点です。ライブスコアを把握することは、情報に基づく決断とそれに応じたベットの調整を可能します。 リアルタイムのマッチスコアと統計の最新情報はData 2のベッティングにとって極めて重要です。

Data 2のライブベッティングはベテランのパンターとゲームをブレイし、束の間の機会を生かす方法を知っているパンターにとっても特にやりがいがあります。esportをカバーしているトップのブックメーカーは、ライブストリーミングを頻繁にWebサイトに取り入れることによって、リアルタイムで試合を観戦できるようにしています。ただ一つの欠点は、特別のData 2のベッティングマーケットの数は、プレゲームオファーと比較して、縮小してきていることです。

カジュアルパンターは試合やマップ、シリーズの勝者のような主流のベッティングマーケットにベットすることを好んでいます。それは人気なMOBAについて深い経験を持っているベテランパンターにアピールする特別なべッティングマーケットです。それらの特別なマーケットは基本的に特定のマイルストーンを最初した達成したチームへのベットです。最も人気なオプションはファーストブラッド、タワーや兵舎を最初に破壊したチーム、ローシャンでの最初のキルです。

Dota 2ベッティングサイトと特別なベッティングマーケットは勢いに基づいており、ゲーム結果のベッティング予測をすることは比較的簡単です。残念ながら、優良eスポーツブックメーカーでさえ特別なベットをライブで特集しているため、パンターは試合の前にベットをする必要があります。

ロシャンとバラックのキル数に関しては、試合終盤のイベントなので、オッズは通常、直前に有利なチームに偏っています。その一方で、先制点を取る、もしくは最初にタワーを破壊したするような攻撃的なチームを支援したら、素晴らしいオッズを得られます。イベントの多くは始まった時、誰しもが何か起こるかわからないことを知っているので、ほとんどコイン・フィリップのようなもので、Dota 2のベットをする際は、イーブンバリュー以上のオッズを考慮することに価値があります。

Dota 2のプレイ方法は?

他の多くの種類のesportベッティングと同様、Dota 2ギャンブルはベットをする前に、慎重な検討と戦略的な考えが求められます。 したがって、ゲーム自体のプレイ方法と仕組みは利益があるマーケットに参加するためには必須です。

Dotaベッティングで優位に立つ

ゲームベッティングでお金を稼ぐには、ゲームを理解することと、誰がDota 2のベストプレイヤーか知っておく必要があります。 それに加えて、多種多様なDota 2ギャンブルサイトを学ぶことでかなり優位に立つことができます。 世界のDota 2ベストプレイヤーが戦う試合をできる限り観戦することで、両方の知識を得ることができます。

有名なコメンテーター(TobiWanなど)が出演する放送か、有名なDota 2インフルエンサー(JenkinsやSpeeedなど)が出演しているYouTubeチャンネルは誰もが必要としている以上のゲーム情報を与えてくれるかもしれません、なぜならプレイヤーの中にはesportとゲームの細かい内部構造と仕組みについて私たちが知りたがっている以上のことを知っている者もいるからです。

最高なDota 2べッティングサイトは、数多くあるエキサイティングな下位トーナメントもカバーし、二流のプロを見たり、もっと注目の新人を見て学ぶことに適しています。

以下は認識、監視するべき重要なステータスです。:

統計を見る時には、ルールとヒーロー、各キャラクターの役割を覚えてましょう。キャリーを操作するプレイヤーは残りのプレイヤーよりもラストヒットが非常に高いはずですが、一方でサポートを操作しているプレイヤーはラストヒットは大抵の場合はゲーム中最低レベルであることが多いです。

また各ヒーローはゲームの中で異なる強みと弱点を持っており、それぞれのヒーローのファーム、ソロキル、ギャングから逃れる能力を少し知っておくといいでしょう。ゲームの長さも、ヒーローによって得意とする部分が異なるため、オッズや戦略に影響するかもしれません。役割の中にはキルかアシストをベースとしており、いいハードサポートはキャリーのキル数が自分より多いことを確信している場合が多いです。またローミングしている攻撃的なソフトサポートは役割で期待されているよりも多くのキル数やアシスト数を得るかもしれません。 ヒーローはアシスト登録が簡単になる、パッシブやグローバルの能力を持っていることもあります。

変化し続けるDota 2のメタに注意を払い、どの対戦チームやプレイヤーがどのDota 2ヒーローの構成やピックを好むかを知ることで、Dota 2ベッティングサイトを利用する際に優位に立つことができます。また、ゲームの最新パッチノートでどのプレイヤーのお気に入りや最強キャラクターが弱体化(ナーフ)または強化(バフ)されたかを知ることでも優位に立つことができます。

Dota 2競合プレイヤーは通常、一握りの腕の立つ有名なヒーローを持っており、Data 2のイベントの至る所でお馴染みの顔ぶれを見ることは間違いないでしょう。

Dota 賭け
Image Credits | Valve

トーナメントと莫大な賞金プール

Dota 2トーナメントの賞金総額と観客数は世界最大であり、DotaベッティングやDota 2ベッティングサイトの人気に貢献しています。試合はDota 2クライアントの観戦モードを通しで見ることができ、ファンはDota 2ベッティングサイトを利用し、好きなesportチームを応援するためにベットができます。実際にValveは特定の試合を見たプレイヤーに、ゲーム内コンテンツで報酬を与えています。

最大のトーナメントはValveによって運営されているThe Internationalです。 The International 10の賞金総額は4000万ドルを超え、優勝チームのTeam Spiritは優勝賞金として1800万ドルを手にしました。

素晴らしい賞金総額の実現するために、Valveは「コンペンディウム」と呼ばれるゲーム内アイテムコンテンツのポートフォリオ(代わりのヒーローの登場など、ゲームバランスを変えないようなもの)を販売しています。それらは複数の価格帯で買うことができ、各プレイヤー個人のコンペンディウムは更なるコンテンツをアンロックするためのレベルアップができます。(レベルアップする一つの方法はお金をさらに使うことです。)

さらにコンペンディウムは世界中に販売されるにつれ、Valveは全てのコンペンディウム所有者がキックスターターの報酬を彷彿とさせるシステムで、レベルに関係なくより多くのコンテンツを利用可能にしています。売上の25%が賞金総額に充てられています。他のトーナメントもあるが、賞金総額や出場者数、スキルのレベルなどが大きく異なります。

The International:Dota 2 esports シーンの頂点

Dota 2インターナショナル2022は2022年の中で最大のDota 2トーナメントであり、Dota Pro Circuit 2022シーズンを締めくくり、最高のDota 2ベッティングサイトに多くのトラフィックを集めました。それはDota 2 esportの頂点であり、いくつかの最高なDota 2チームと数人の最高なプレイヤーが登場しました。

イベントは通常通り、シンガポールインドアスタジアムのようなグランドスタジアムで開催されるだけではなく、ValveはDota 2を愛するスチーマー、プレイヤー、そしてキャスターをイベントを楽しむために招待しました。それは全てのDota 2ファンが夢に見る素晴らしい体験です。直接ショーに参加すること、そして自分の好きなチームを応援することは、言葉では表すことができません。

最後の考察

この機会を最大限活かすには、少しフットワークが必要とされるかもしれませんが、その情報は出回っており、今までDota 2ベッティングサイトに関わることは、より簡単でやりがいがあるものになっています。ベッティングのチャンスはここにあり、時間をかけてDota 2オンラインベッティングのエキスパートになれば、間違いなく莫大な利益を得ることができます。

BC.Gameの初回入金ボーナス
1
bcgame-300x100-1
10,000 USD 
まで 
270%ボーナス
豪華ウェルカムボーナス
多様な仮想通貨に対応
オッズブースト有
丸太

Since: 2月 6, 2023

地中海在住の引きこもりeスポーツエディター

See all articles from this author