Valorantに賭ける方法は?おすすめの賭け方紹介!

おすすめベッティングサイト
BC.Game
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game Review
gamdom logo
Gamdom
最大60% レーキバック
Gamdom Review
jackbit logo
Jackbit
50フリースピン コード: WELCOME
Jackbit Review
ggbet logo
GG.Bet
30,000円まで 100%ボーナス
GG.Bet Review
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake Review

Published: 7月 14, 2023

Valorantの世界大会であるVCT Mastersが東京で行われ、日本でも人気が高まっていますね。しかし、ただ大会視聴を楽しんでいるだけでは勿体ありません。Valorantへの賭けにも挑戦してみませんか。

今回はヴァロラントに賭ける方法やおすすめの賭け方を紹介していきます。ぜひこれを参考にValorantにベットしてみてください。

RANK
OPERATOR
BONUS
INFO
ACTION
1
bcgame-300x100-1
10,000 USD 
まで 
270%ボーナス
豪華ウェルカムボーナス
多様な仮想通貨に対応
オッズブースト有
2
gamdom-logo
最大60%
レーキバック
還元型プロモーション
オリジナルゲーム有り
仮想通貨が購入可能
3
jackbit
100フリースピン
コード:WELCOME
スポーツボーナスが充実
利用できる仮想通貨が豊富
6000種類以上のカジノゲーム
4
ggbet-esports
10,000円まで
350%ボーナス
人気eスポーツタイトル網羅
ボーナスが豊富
eスポーツ特設ページ有
5
Stake_logo
2500円入金不要ボーナス 
200%初回入金ボーナス
入金不要ボーナス有り 
eスポーツベットが充実
日本語カスタマーサポート完備

Valorantの賭けが日本で人気急上昇中

Valorantとは5vs5で攻撃側と防衛側に分かれて戦う、爆破系のタクティカルFPS。各エージェントに固有のアビリティがあり、撃ち合いだけでなくアビリティの使い方、プレイヤーのひらめきによる立ち回りが勝敗を分けるカギとなります。

Valorantは比較的新しいeスポーツタイトルながらも様々なブックメーカーがValorantの賭けを取り扱うようなビッグタイトル。急速なゲームの成長に伴い、VCTのような大きい大会から各地域のChallengersリーグまで賭けの対象として取り扱っているブックメーカーもあります。

好きなチーム・選手がいるのであれば、応援しながらベットしてみると今まで以上に白熱しながら大会観戦ができるはずです。まだ世界に比べて日本のeスポーツベットは流行っているとは言えませんが徐々に流行りを見せているので気になった人はぜひ挑戦してみてください。そのための情報をここでは紹介していきます。

Valorant VCT 2022
© Riot Games

Valorantに賭ける方法は

まずはヴァロラントに賭ける方法、手順について見ていきましょう。Esportsbet.comがおすすめするブックメーカーや必ずチェックしてほしい項目についても紹介していくのでお見逃しのないように。

おすすめブックメーカー

Valorantに賭けることができるおすすめのブックメーカーを紹介します。

これらのブックメーカーではValorantに賭けることができます。ただし、すべてのブックメーカーでValorantのオッズが同じであることはありません。eスポーツベットを楽しむためには各ブックメーカーが提供しているボーナスやオッズが自分に合っているのかを見極める必要があります。

ウェルカムボーナスのチェックを忘れずに

ブックメーカーに登録した際に必ずチェックしてほしいものがウェルカムボーナス。ウェルカムボーナスとは新規登録者向けに登録した時点、入金した時点でベットに使用できるフリーベットが送られるようなボーナスのことです。

ウェルカムボーナスにも獲得期限やゲットしたボーナスの利用方法(〇〇以上のオッズに賭けられるなど)、獲得できるボーナスの上限など様々なので注意してください。初めてeスポーツベットに挑戦するという人はまずはウェルカムボーナスが豊富なブックメーカーに登録して、ボーナスをうまく使いながら慣れてみるといいかもしれませんね。

おすすめのブックメーカーの中でも破格のウェルカムボーナスを提供しているのがBC Game。なんと最大で1260%還元のウェルカムボーナスを提供しています。

Valorantの賭けの種類

Valorantに賭けるといってもいくつかの種類・賭け方があります。ここではValorantの賭けの種類をそれぞれ紹介していきます。定番・人気の賭け方についても紹介していくので、eスポーツベット初心者はまずは定番・人気の賭け方から挑戦してみるといいかもしれません。

eスポーツベットに慣れている、Valorantの大会について詳しいという人はちょっと変わった賭け方に挑戦してみるのも面白いかもしれませんね。ただ、賭けて楽しむだけでなく、賭け方を変えながら楽しむことができるValorantの賭けの魅力を見ていきましょう。Valorantの賭けの種類は主に次のようなものがあります。

試合・マップの勝敗予想

Valorantの賭けに限らず試合の勝敗予想の賭けは定番ですね。Valorantの大会は通常Bo3以上の形式で行われます。そのためValorantの賭けでは試合の勝敗予想だけでなく、マップの勝敗予想も行うことができます。

実際に試合を行うチームの得意・苦手マップがわかる、マップのBAN・ピックがこれまでの試合から予想ができるという人は特にマップの勝敗予想に挑戦してもいいかもしれませんね。ただ、試合の勝敗予想は賭けにおいて最も基本的な賭け方になるので初心者の人はまずは試合の勝敗予想から始めることをおすすめします。

ハンディキャップベット

ハンディキャップベットとはあらかじめ試合結果に左右するハンデを与えながら賭けるという方法です。試合によってはどうしても実力差が明白で予想することがあまりにも簡単でオッズが低く設定されるなんてこともあります。

そこで登場するのがハンディキャップベット。負けそうなチームに判でを与えながら賭けることでオッズを高くし、高い配当金獲得を狙うことができます。ハンデは試合結果に加算される数値のことであり、実際は負けているけどハンデを合算したら勝ったというケースを狙うことになります。

試合のスコア予想

Valorantの賭けでは試合・マップの勝敗だけでなく、試合のスコア予想もすることができます。先ほども伝えましたがValorantは基本Bo3以上の形式で試合が行われます。そこでマップカウント〇対〇を予想する賭け方を行うことができます。

アウトライトベット

アウトライトベットとは大会・トーナメント全体を予想する賭け方のことです。Valorantの賭けにおいてはグループ予選を突破するチームの予想・大会の優勝チーム予想などになります。大会全体を長期的に予想する楽しみがある一方で、優勝予想を早くにしすぎてしまうと予選で早々に敗退してしまうなどのリスクもあるので賭けるタイミングが重要なヴァロラントの賭ける方法になっています。

Valorant ベッティング
© Riot Games

Valorantに賭ける上で知っておくゲーム基本知識

Valorantに賭けるためにはまずはValorantがどんなゲームなのかを知っておかなければなりません。知らずにValorantに賭けたとしても無駄に時間とお金を消費するだけ。自分にとって満足のいくeスポーツベットができるようにValorantに賭けるうえで知っておくべき知識を抑えていきましょう。

Valorantのゲームプレイ

Valorantは5vs5のタクティカルFPSで攻撃側と防衛側に分かれて試合が行われます。攻撃側はマップに2つまたは3つ用意されているサイトと呼ばれる目標拠点のうちどれか1つを目指します。サイトに侵入出来たらスパイクと呼ばれる爆破装置を設置。見事爆破を成功させることができた、あるいは防衛側のプレイヤーを制限時間内に殲滅することができればラウンド勝利となります。

一方で防衛側は制限時間内に攻撃側にスパイクを設置させない、スパイクを設置されても時間内に解除することができればラウンド勝利となります。このようにラウンドを取り合いながら最終的に13ラウンド先取したチームが勝利となります。

また、Valorantはクレジットシステムを採用しており、クレジットによってラウンドで使用できる武器・アビリティが変化するという特徴もあります。クレジットが足りずに弱い武器でクレジットを節約しながら戦うラウンドを「エコラウンド」と呼びます。

Valorantのキャラクターの役割

Valorantには現在22人のキャラクターがおり、そのキャラクターは全部で4つの役割に分けられています。

Valorantの賭けにおいて注目のトーナメント

せっかくValorantに賭けるなら大きな大会・トーナメントに賭けて盛り上がりたいですよね。ここではValorantに賭ける際に注目しておきたい大会・トーナメントについて紹介してきます。

2023年現在のValorantはインターナショナルリーグと呼ばれる3つの世界最高峰のリーグ、EMEA、アメリカズ、パシフィックリーグを中心に公式の大会が行われています。大会の流れとしてはインターナショナルリーグで上位の成績を残すとVCT Mastersに進出。VCT Mastesrで上位の成績+インターナショナルリーグ参加チームで行われるLast Chance Qualifierで勝ち抜いたチームがVCT Championsに進出となります。

VCT ChampionsはすべてのValorantの公式大会の結果を踏まえて行われるValorantの年間王者を決める大会です。インターナショナルリーグはシーズン中であれば、ほぼ毎日EMEA、アメリカズ、パシフィックのどこかの地域の試合が行われています。Valorantの賭けをたくさん楽しみたいという人はインターナショナルリーグへの賭けをチェックしてみてください。

Valorant VCT ジャパンファイナル
© Riot Games

Valorantへ賭ける際のアドバイス

Valorantに賭けるといってもがむしゃらに賭けたとしても勝てるわけはありません。勝つためのヴァロラントに賭ける方法についてはいくつかのポイントを抑える必要があります。勝つために抑えるべきポイントとして初心者でもわかるもっとも簡単なポイントは次のものです。

過去の試合を見る

まずはValorantで賭けようと思っているチームがどんなチームなのか過去の試合を見て調べてみましょう。ただ賭けたいチームを見るだけでなく、賭けたい試合の対戦相手の試合も見るとより良いですね。

さらに最近の試合を見ることをおすすめします。Valorantにおいて試合の勝敗は単純な実力だけでなく、その時のコンディションなども左右します。なるべく最近の試合を見て選手1人1人のコンディションが悪くないかをチェックしておきましょう。

出場プレイヤーのことを知る

実際に試合に出場する選手がどんなプレイヤーなのかを知っておくことも重要です。選手がどんなプレイがうまいかを知っておくことで、「このチーム相手ならこの選手の動きがハマるかも」ということが理解できたりします。

また、単純に出場プレイヤーの戦績を知ってみるのもいいかもしれません。現在Fnaticに所属するChronicleは過去に4回国際大会の決勝戦に進出し、3回の優勝経験があります。これはValorantのプロプレイヤーの中でもたった1人が成し遂げた偉業です。これを聞くだけでChronicleが所属しているチームが勝ってくれそうな気がしますよね。

対戦チームの得意・苦手マップを知る

Valorantの試合で勝敗にかかわる重要な要素の1つがマップ選択。Valorantの通常の試合であれば「BAN→BAN→ピック→ピック→BAN→BAN→最終マップ」の順にチームが交互にマップを選択していきます。Valorantではマップローテーションを行い、大会に使用されるマップを常に7つにしていますが、7つのマップ全てを完璧にすることは不可能に近いです。

そのためマップ選択からマップの得意・苦手を意識した戦略が巡らされています。対戦チームの得意・苦手マップがかみ合っているかどうかをチェックするのもValorantの賭けにおいては重要な要素になります。

Valorant 賭けのよくある質問


Valorantに賭けるのは日本では違法じゃないの?

Valorantに賭けるのは日本でも信頼できるブックメーカーを通して行えば違法ではありません。日本の賭博法は運営元と参加者の両方が日本にいる場合に適用され、海外のブックメーカーを使用した場合は適用されません。今回紹介したおすすめのブックメーカーであれば間違いないのでぜひ使用してみてください。


Valorantの賭けでおすすめのチームは?

Valorantはまだまだ成長中のeスポーツタイトルでどんどんと若い選手で活躍する選手が登場します。そのため確実に勝てるチームは存在しません。しかしValorantの賭けでおすすめのチームを上げるとすればFnatic。2022年9月11日から2023年5月29日まで国際大会を含めて公式戦16連勝の記録を作り上げています。


Valorantの賭けは儲かる?

必ずValorantの賭けが儲かるとは言えません。しかし、ValorantはタクティカルなFPSタイトルであり、その戦略を理解することがValorantの賭けでも勝つことにつながります。まずは選手・チームの特徴やチームの得意・苦手マップを理解するところから始めてみるといいかもしれませんね。


丸太

Since: 2月 6, 2023

地中海在住の引きこもりeスポーツエディター

See all articles from this author