LoL Worlds優勝チーム: LoL Worldsの全優勝チームのリストを見る

目次
おすすめベッティングサイト
BC.Game
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game Review
Jackbit
50フリースピン コード: WELCOME
Jackbit Review
GG.Bet
30,000円まで 100%ボーナス
GG.Bet Review
gamdom logo
Gamdom
最大60% レーキバック
Gamdom Review
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake Review

2011年から現在までのLeague of Legends World Championship(LoL Worlds)の全優勝者リストでは、各優勝チームと詳細を解説しています。リストは今後のLoL Worldsの優勝チームを見極めるのに大いに役立ちます。結局のところ、過去の優勝チームを見れば、リーグオブレジェンドへのベッティングはとても簡単になります!

LoL Worldsは、LoLの競技シーンで、そしておそらくすべてのeスポーツの中でも最大級のイベントです。各大会では、1チームがLoL世界チャンピオンに輝きます。2022年のLoL Worldsの終了に伴い、リストが更新されました。2023年は韓国で開催されます。

それでは、過去のLoL Worlds優勝チームを見てみましょう。

過去のLoL Worlds優勝チーム一覧

LoL Worldsの優勝チームリストを年度別に見てみましょう。勝者には、それぞれのストーリーがあります。

Year LoL Worlds Winner Roster Region Prize Money Won
2011 Fnatic xPeke, Cyanide Fl, Shushei, LaMiaZit, Mellian Europe $50,000
2012 Taipei Assassins Stanley, Lilballz, Toyz, Bebe, MiSTakE Taiwan/Hong Kong/Macao $1,000,000
2013 SK Telecom T1 Impact, bengi, Faker, Piglet, PoohManDu Korea $1,000,000
2014 Samsung White Looper, Dandy, PawN, imp, Mata Korea $1,000,000
2015 SK Telecom T1 MaRin, Bengi, Faker, Easyhoon, Bang, Wolf Korea $1,000,000
2016 SK Telecom T1 Duke, Bengi, Blank, Faker, Bang, Wolf Korea $2,028,000
2017 Samsung Galaxy CuVee, Ambition, Haru, Crown, Ruler, CoreJJ Korea $1,855,114
2018 Invictus Gaming Duke, TheShy, Ning, Rookie, JackeyLove, Baolan China $2,418,750
2019 FunPlus Phoenix GimGoon, Tian, Doinb, Lwx, Crisp China $834,375
2020 DAMWON Gaming/strong> Nuguri, Canyon, ShowMaker, Ghost, Beryl Korea $556,250
2021 Edward Gaming Flandre, JieJie, Scout, Viper, Meiko China $489,500
2021 Edward Gaming Flandre, JieJie, Scout, Viper, Meiko China $489,500
2023 TBD TBD TBD TBD

リーグオブレジェンド 2011年から現在までの全ワールド優勝チーム

2011: Fnatic

厳密に言えば、2011年6月18日から20日まで開催されたLoL Worldsのシーズン1で初優勝したチームはFnaticです。大会は、後のシーズンのような大規模な大会ではなく、相応の宣伝もありませんでした。

しかし、多くのファンや有識者はFnaticを名誉あるLoL Worldsの勝者とみなしています。Fnaticは決勝でAgainst All Authorityを2-1のスコアで破りました。FnaticはLoL Worldsで$99,500の賞金を獲得しています。このゲームのMVPは、マチェイ・ラトゥシュニャク”シュウヘイ“です。

2012: Taipei Assassins

league of legends all worlds winners taipei assassins
Image Credits: artubr/Flicker

2012年10月4日から13日まで開催されたシーズン2のLoL Worldsで、Taipei Assassinsが2番目の勝者となりました。Taipei Assassinsは、現在ではマイナーもしくはワイルドカードとされる地域からLoL Worldsを制した唯一のチームです。

彼らのようなアンダードッグが優勝することは、LoL Worldsにおいて最高の下剋上といえます。決勝ではAzubu Frostを3-1のスコアで破り、チームには賞金総額200万ドルが贈られました。なお、正式なMVPは決まっていません。

2013, 2015, 2016: SK Telecom T1

「LoL Worldsで最多優勝に輝いたチームはどこだろう?」と思っているなら、答えは1つ。T1です! LoL Worldsに出場した全チームの中で、SK Telecom T1は単純に最強です。SK Telecom T1(SKT)はシーズン3、2015年、そして2016年に優勝し、最多優勝記録を誇っています。優勝した3年の間でT1はRoyal Club、KOO Tigers、Samsung Galaxyを下しています。

全3回に渡って、SKTは史上最高のミッドランナーと称されるリー・サンヒョク “フェイカー”と、彼の長年の相棒であるジャングラーのベ・ソンウン “ベンギ”を起用しました。2013年のボトムレーンの二人は、ボットランナーのチェ・グァンジン“ピグレット” とサポートのイ・ジョンヒョン“プーマンドゥ”でした。2015年と2016年には、より知られているベ・ジュンシク“バン”とイ・ジェワン“ウルフ”がボトムレーンを担当しました。

各チャンピオンシップでは異なるトップランナーが起用されました。2013年はジョン・ウンヨン“インパクト”、2015年はジャン・ギョンファン“マリン”、2016年はイ・ホソン“デューク”が担当しています。

SK Telecom T1はそれぞれ$2,050,000、$2,130,000、$5,070,000の賞金を獲得し、LoL Worldsで最も多く稼いだチームとなりました。2015年と2016年の試合では、MVPはマリンフェイカーで、シーズン3ではMVPは決まりませんでした。このような実績をもつリーグオブレジェンドのチームを予想するなら、T1以上のチームを見極めるのは困難でしょう!

2014: Samsung White

worlds league of legends winner samsung white
Image credits: Riot Games

2014年9月18日から10月19日まで開催されたLoL Worldsでは、Samsung White(SSW)が優勝しています。Samsung Whiteと姉妹チームのSamsung Blue(SSB)は、今大会の優勝筆頭候補でした。2014年は、LoLプロシーンにおいて韓国勢が絶頂期を迎えていました。

ほとんどの有識者は、Samsung Blueの方が強いチームであり、優勝するかもしれないとみなしていました。そのため、準決勝でSSWがSSBに勝ったのは衝撃でした。逆転の要因は、チーム同士が常に行っていた練習試合の中で、SSWが多くの人が上だと思っていたサムスンのチームに勝つために特別な戦略を策定できたからです。

Samsung Whiteは決勝でStar Horn Royal Clubを3-1で破り、LoL Worldsの優勝者となりました。チームは賞金総額213万ドルを手にした。この大会でのMVPはマタでした。

2017:Samsung Galaxy

2017年9月23日から11月4日まで開催されたLoL Worldsでは、Samsung Galaxy(SSG)が優勝しました。

SSGがこれほどの成功を収めるとは想定外でした。Worldsに臨むLCK代表3チームの中でも最弱と考えられていたSSGは、サポートアイテムである「アーデント センサー」のバランス変更から大きな恩恵を受けました。

これによりメタは、SSGのプレイスタイルと一致するスケーリングとゲーム終盤のチームファイトに依存した、ボトムレーンを中心としたスローペースの構成へと変化しました。

SSGは決勝でSK Telecom T1を3-0で破り、優勝チームの仲間入りを果たしました。チームは賞金総額4,596,591ドルを手にしました。この大会のMVPはルーラーです。

2018年: Invictus Gaming

worlds winners league of legends invictus gaming
Image Credits: Riot Games

2018年10月1日から11月3日まで開催されたLoL Worldsでは、真の意味でワイルドカードだったInvictus Gaming(IG)が優勝しました。チームは3レーン全てにトップクラスのメカニカルタレントを要する攻撃的なスタイルで有名でした。チームの絶えず戦う欲求は、ときに成功を収めるものの、一方ではチームに多大なリスクをかける意味で諸刃の剣でした。

2018年のメタは、強力なソロレーナーを好んでおり、IGには最高のミッドレーナーであるウィジン・ソン“ルーキー”とトップレーナーのスンロク・カン“ザシャイ”がいました。才能あるボットレーナーであるウェンボ・ユウ “ジャッキーラブ”と、ジャングラーのジェンニン・ガオ“ニン”との前代未聞の強力なパフォーマンスと相まって、IGはプレイオフを席巻しました。

準々決勝では、優勝候補チームであるKT Rolsterとのベストオブ5シリーズを激戦の末に勝利した後、IGは他の対戦チームすべてを下し、優勝しました。決勝ではFnaticを3-0で下し、結果としてサブトップレーナーのデュークは、LoL Worldsを2度制覇した5人目のプレイヤーとなりました(以前のSKTのチームメイトであるフェイカー、ベンギ、バン、ウルフの後で)。ただし、デュークはIGの多くのゲームには出場していませんでした。

IGは$6,450,000の賞金を獲得しました。この大会のMVPはニンでした。

2019年: FunPlus Phoenix

lol-worlds-champion
Image credit: LoL Esports

2019年10月2日から11月10日まで開催されたLoL Worldsでは、FunPlus Phoenix(FPX)が優勝しました。独特のスタイルで勝利を収めたSamsung Galaxyと同じく、FPXのスタイルがメタと合致していたのが特徴的です。2019年のLoL Worldsのメタは、強力なチーム戦と目的地のコントロールを重視しつつ、勝利を収めるスタイルを好んでいました。

FPXのスターミッドレーナー、テ・サン・キム“ドインビ”は、ゲームへの独特なアプローチで有名です。メカニカルなスキルではそれほど目立っていないドインビは、代わりにゲームへの深い知識を活かした独自のピックや戦略で、レーンでの優位性を得ていました。

ドインビの戦術は「ダークテクノロジー」と呼ばれており、彼がマップを動き回りつつ、よりテクニックに優れたチームメイトをサポートしてリードするのを助けました。2019年のWorldsでは、ドインビはジャングラーのティアン・リャン・ガオ“ティアン”と共同でプレイしました。

決勝で、FPXはG2 Esportsを3-0のスコアで下し、チームは$2,200,000の賞金を獲得しました。この大会のMVPはティアンでした。

2020年: DAMWON Gaming

連続して中国のチームが優勝した後、誰もがLPLの時代が続くと予想していましたが、それは実現しませんでした。LCKからの新進気鋭、DAMWON Gaming(DWG)は、韓国がまだ勝利に飢えていることを証明しました。国内リーグでは圧倒的に強かったシーズンを経て、DWGはグループステージを簡単に突破し、もう一つの注目チームであるJDG Gamingを制しました。

大会全体を通じて、彼らの勢いは止まらないと感じさせました:まず、チョン・ジフン“チョビ”をリーダーとするDRXを破り、次にEUの代表であるG2 Esportsを制しました。決勝では、LPL代表のSuningを圧倒し、チームとして初の優勝を獲得しました。

2021: Edward Gaming – LoL Worldsの優勝者

Image credit: Riot Games

LoL Worldsの優勝者は、ときに大きな驚きをもたらします。ほとんどの人がDAMWON GamingのLoL Worlds連覇を予想していた中、Edward Gaming(EDG)は決勝戦で大逆転し、一見優勝は難しいと思われるチームでもLoL Worldsで優勝できると証明しました。

彼らはシリーズを逆転し、第4戦と第5戦を制してLo LWorldsの勝者となりました。2022年まで、EDGは一度も準々決勝を突破したことがありませんでした。彼らは何度も参戦していましたが、過去にLoL Worldsで優勝したチームと比べて、決して強力な優勝候補には見えませんでした。

LPLのSummer Splitでの優勝後、EDGはグループリーグでのパフォーマンスを少し抑え、T1に次ぐ2位でフィニッシュしました。しかし、EDGはイリミネーション・ブラケットで本領発揮しました。国内のライバルであるRNGを下し、韓国の第3シードであるGen.Gを倒し、そして前回のLoL Worldsの覇者を打ち負かしました。EDGは、幾多の困難に阻まれながらも、長い間この成功を夢見てきました。誰もが予想する優勝候補がいるものの、リーグオブレジェンドでは予想を覆す驚きの結果をもたらします!

史上2チーム目となる2つの異なる国際大会(Mid-Season InvitationalとLoL Worlds)を制したEDGは、今後要注目のチームとなるでしょう。選手たちは絶好調で、ロースターに変更はないかもしれません。来年のタイトル防衛を目指し、LPLに戻って良いパフォーマンスをすることを期待しています。4年間で3度目のLPLチームによるLoL Worldsでの優勝。これは中国優位の新時代なのでしょうか?韓国は準決勝に3チーム出場しています。しかし、中国は優勝を国に持ち帰った……彼らにとってはそれがすべてなのです。

これで、過去のLoL Worldsの歴史と、優勝チームがどのようにして勝利を勝ち取ったかをよりよく理解できたはずです。一方、LoL Worldsの最新ランキングについての情報をお探しでしたら、LoL Worldsのパワーランキングをご覧ください。

2022年: DRX

drx winning lol worlds championship 2022
Image credit: DRX via Twitter (@DRXGlobal)

2022年のLoL Worldsに臨むにあたって、DRXがグループステージに進出し、さらに優勝するとは誰も予想していませんでした。しかし、彼らは奇跡は存在すること、そして時には自分を信じ、運を味方につけるのも必要だと皆に証明しました。

DRXは、リーグオブレジェンド史上最も信じられないような活躍をしました。LCKのSummer Splitが終わる前、チームはLoL Worldsの出場権を完全に逃す瀬戸際にいました。プレーオフを6位で終え、LCKのRegional Gauntletを勝ち抜かなければならない中で、Liiv SANDBOXを制して第4シード権を勝ち取りました。

その時点でも、DRXはメインイベントのグループステージ進出を争う平均的なチームと見なされていました。しかし大会が始まると、DRXはLPLチームのRNGを倒し、プレーインでは無敗でグループCへのシード権を即座に確定させるという驚くべき活躍を見せました。

Top EsportsやLEC第1シードのRogue、VCS第1シードのGAM Esportsといった強豪チームとグループを分け合ったにもかかわらず、DRXは4勝2敗でグループ1位となり、少なくともトップ8入りを決めました。2021年世界チャンピオンのEdward Gamingと対戦することになったとき、ほとんどのファンはここまでかと思いましたが……彼らは生き残りました。

DRXはEDGをホームに送り込み、LoL Worlds史上数少ない逆転スイープを達成し、皆を驚かせました。その勝利には説得力があり、大きな期待とともに、究極のアンダードッグとして準決勝に臨みました。

再び、韓国の第1シードであるGen.G Esportsという大きな壁が立ちはだかりました。しかし、DRXは準備万端で、今大会の優勝候補であるGen.Gに3-1で圧勝しました。そして、フェイカーが率いる伝説のチーム、T1との決勝戦に臨んだのです。

一方、T1とフェイカーは4度目のLoL Worldsでの優勝を狙っていました。対照的に、DRXがeスポーツ史上、前代未聞の快進撃を達成しようとしていました。DRXのADCであるデフトは、同い年齢でプロ入りしながらも、フェイカーと同じような成功を収めることはありませんでした。

史上、おそらく最も接戦となった決勝戦で、勝利の女神はDRX側に立ちました。一進一退の攻防、複数のバロンとドラゴンの奪取、そして果敢な戦略。それは、最も感動的なアンダードッグ・ストーリーのクライマックスでした。

3人の若い才能とともに、デフトは初めてLoL Worldsのトロフィーを掲げました。同時に、ベリルは2つの異なるチームでLoL Worldsを制した数少ない選手の1人となり、リーグ史上最高のサポートとしての評価が得られる可能性が出ています。

過去のLoL Worldsの優勝チームから学ぶ

過去のLoL Worldsの優勝チームを振り返ることは興味深いだけでなく、その情報は将来どのチームが優勝するのかを予測するのに役立ちます。

実際、SK Telecom T1が一時期4年間で3回も優勝したことも覚えておくべきですし、このような情報は常にLoL Worldsのベッティングに必ず考慮すべきです。そこで、次のLoL Worldsの優勝チームを予想するために使える簡単なヒントをいくつか紹介します:

  1. LoL Worldsの優勝チームとしてお気に入りを支持する:時々、明確なお気に入りのチームが圏外からLoL Worldsのパワーランキングを支配することがあります。これらのチームは無視されるべきではありません。そのため、LoL Worldsの優勝チームとして不動の地位を築こうとしているチームに注目してください。
  2. 毎年のLoL Worldsの優勝チームの中からダークホースを見つける:LoL Worldsの各大会で、彼らのパフォーマンスの質でeスポーツ界に衝撃を与えるチームが1つは現れるようです。Edward GamingがLoL Worldsの優勝チームになったときを考えれば、明白です。そのため、すべてのLoL Worldsの優勝チームを分析するときに、これらのダークホースを考慮してください。
  3. アンダードッグがLoL Worldsの優勝チームの中にいる可能性があるか:FnaticがLoL Worldsの優勝チームになったときを覚えていますか?LoL Worldsでは、不可能なことが実現する可能性があると示しており、次回の優勝チームを予測しようとするときに非常に考慮に値します。LoL Worldsの歴代優勝チームを知っていれば、今回何が起こり得るかを予測できるでしょう。また、ランク外のチームをサポートすると、LoL Worldsのベッティングオッズからより多くのリターンが期待できます!
  4. LoL Worldsすべての優勝チームの地域を分析する:ほとんどのLoL Worldsの優勝チームは中国や韓国出身です。過去のLoL Worldsの優勝チームに関する地域情報は、将来の優勝チームを予測する際の要因です。ただし、LCSのような地域からもLoL Worldsの優勝チームが現れる可能性があることは忘れてはいけません!

上の秘訣をお伝えしたので、次にやることは、LoL Worldsの曲の1つを聴きながら、次のLoL Worlds の優勝チームを予想することだけです。

丸太

Since: 2月 6, 2023

地中海在住の引きこもりeスポーツエディター・雑食オタク。

See all articles from this author