おすすめベッティングサイト
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake Review
BC.Game
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game Review
shuffle
Shuffle
$20の入金不要ボーナス
Shuffle Review
jackbit logo
Jackbit
50フリースピン コード: WELCOME
Jackbit Review
ggbet logo
GG.Bet
10,000円まで 350%ボーナス
GG.Bet Review

世界最高峰のチームを相手に衝撃的なパフォーマンスを連発したENCEが、IEM Katowiceでプレーオフへの進出を決めました。Virtus.pro以来、8年ぶりにポーランド勢が成し遂げた快挙です。ENCEの道のりを詳しく見てみましょう。

結成してまだ間もないENCEが、いかにしてホームイベントでプレーオフ進出を果たしたのか。ベッティングに興味のある方は、ぜひIEM Katowiceベッティングガイドをご覧ください。

IEM Katowice Poland
Image Credits: ESL

ENCEのCS2ロースターの構築

国際版ENCEにとって2023年は大成功の年だったにもかかわらず、前例のない移籍市場の動きにより、フィンランドのチームはコーチを含めたチームメンバー5人のうち4人を売却せざるを得なくなりました。

結果、Paweł “dycha” Dychaと、新たに獲得したゲーム内リーダーであるLukas “gla1ve” Rossanderだけが現メンバーとして残留しました。

残りのメンバーを補うため、ENCEは2023年前半に話題をさらったポーランドのチームである9INEの中心メンバーを迎え入れ、ポーランド人主体のロースター構築を決めました。

IEM KatowiceにおけるENCEの浮き沈み

ENCEはプレーインステージでIEM Katowice 2024のキャンペーンを始め、LANでの公式デビューを飾りました。最初のBO1でBIGに敗れ、幸先の悪いスタートとなりました。

敗戦後のイリミネーションマッチでAstralisとの対戦となりましたが、大きく不利と見られていたため、Katowiceを敗れ去ると予想されていました。しかし、奇跡的な展開によりAstralisを撃破し、勢いそのままに、次の試合ではThe Mongolzを下し本戦出場を決めました。プレーインを勝ち抜いた時点で、ポーランド勢のENCEにとって成功でした。

度肝を抜かれたグループステージ(ここまで)

開幕戦では、CS2世界トップのVitalityと対戦しました。

試合前はあまり期待されていなかったものの、どうにか不可能を可能にしたENCEは3マップにわたるシリーズでVitalityを撃破し、さらに勝ち進みました。

次に、ENCEの前に立ちはだかったのは、本拠地であるSpodek Arenaで戦うG2だけでした。これほど多くのことがかかっているため、ENCEのプレーヤーたちが緊張しているのは当然でしょう。ENCEは結成されたばかりの経験の浅いロースターです。

それでも、gla1veとチームメンバーのポーランド人プレイヤーたちは、全てのCS2のオッズに反して、G2を圧倒しSpodekへの出場権を獲得しました。その過程でポーランドのCounter-strikeの歴史を作りました。

IEM KatowiceにおけるENCEは、ファンが夢中になるストーリーラインです。今週後半のさらなる試合で、ENCEがどこまで駒を進めるかを見てみましょう。